村上歯科医院

ORTHODONTIC

小児矯正治療

ORTHODONTIC

小児歯列矯正治療

小学生からの歯を抜かない
歯列矯正治療を行っています

子供の時から歯列矯正をし、発育不良の顎を正常に発育させて、抜歯をしないで治療ができます。

歯並びのみならず、顔も美顔に発育する歯列矯正治療です。

従来のワイヤー矯正方法に比べてワイヤーの締め付けが無いので、ほとんど痛くない歯列矯正です。

鼻腔やのどの発育を促し鼻呼吸にし、アレルギーを改善します。

当院の治療期間は平均5年ですが、スピード矯正治療と組み合わせると 3 年以内に歯列は並びます。

小学生低学年から行う方が美顔=プリンセスフェイスの為には望ましいです。

上下顎の成長を促し、抜歯などの負担を軽減

抜かない矯正

当院では、抜歯をしないで取り外し式の床矯正装置を用いる小児矯正治療を行っています。
現在、国内での歯列矯正は永久歯が生えそろう14歳前後で開始し、小臼歯を抜いて空いたスペースに歯を並べる方法が主流となっています。これに対し、床矯正では抜歯をせずに、取り外し可能な装置を用いて発育不全症の顎を整えていきます。
この装置は3ヵ月前後で作り替え、成長に合わせて1年で3〜4個の装置を使います。
就寝中を含めて1日トータル14時間装着することが必要で、平均して3年程度で矯正を終了できることが多いです。
歯列矯正は、狭い歯列弓を成長促進で正常化して、口腔機能発達不全症を改善する、全身の健康をも見据えた治療です。

矯正を始める年齢

型採りさえできれば45歳のお子さんから始められます。
小学校入学前後のタイミングがベストです。しかし犬歯が生え変わった後など治療の開始が遅れると、場合によっては矯正器具をつける期間が78年と長くなってしまうこともあります。
6
歳で永久歯の下前歯が重なって生えてきたら要注意です。
この時期に歯並びを相談すると「永久歯が生えそろうまで様子を見ましょう」と言われてしまうことも多いようですが、歯並びをバランスよく成長させためには、早い時期での歯列矯正をお勧めします。

日々の生活習慣が歯並びにも関係

お子様の今のお顔は気になりませんか?横から見ると三日月の様にカーブしていたり、ヘチマの様な曲がりではありませんか?それは、下顎が出っ張って目・鼻が凹んでいるからです。その原因は受け口のせいです。下の前歯が上の前歯を抑え込んで上顎の成長を止めているからです。逆に、横から見ると下顎が凹んでまるでガマガエルの様では?それは、上顎が飛び出しているからです。又は、下顎が奥へ押し込まれて成長が止まっているからです。そして正面から見たとき、左右の目の大きさや高さは同じでずれていませんか?下の顎が左右どちらかにずれていませんか?顔が歪んでいませんか?それらの原因は、口呼吸や頬杖、横向き寝などのお子様の日常的な身体の使い方のくせ(体癖)です。それが顔の骨の成長まで大きく影響しているのです。

それらを引き起こしてしまうような癖がありましたら、正していく必要があります。具体的にはうつぶせ寝頬杖猫背指しゃぶり唇を噛む癖、床に足をつけない食事など。乳歯の生えてきたお子さんでこれらの癖がある場合には、正していくことが大切です。口をぽかんと開けている子には声がけをして口を閉じさせましょう。食事の時の姿勢片噛みの癖を正しましょう。歯ごたえのある食べ物を与えることでたくさん噛むようにしましょう。などの日々の習慣が重要です。

歯並びが良くなると全身に好影響が・・・・

上顎の骨は目と鼻と上顎を全部含んだ1つの骨です。ちょうど顔の真ん中顔面部分です。もしこの骨が発育不全になると目の大きさは1周りも小さくなり奥目で、鼻は高さが低く、口も小さくなり、中顔面が縮んで横から見るとヘチマの様な顔立ちとなります。その上鼻腔の大きさが狭くなり鼻呼吸が出来ず、口呼吸になります。
口呼吸はアレルギー体質の原因です。

下顎の骨の発育不全があると、舌は狭い下顎のアーチと内に倒れた歯の為に、過緊張を強いられます。気道は圧迫され呼吸が浅くなり、食道も狭くなり、嚥下時にむせたりします。逆に、上手に噛めないことから食べ物を丸飲みしてしまったり、前歯が合わないことから口を開けっ放しにして口呼吸になってしまったり、といった弊害もあります。 鼻のフィルターを通さずに口から直接息を吸うと、雑菌が入り感染症が起こり、免疫力が低下してアレルギー体質になります。 

発育不全の上下顎は発育期でないと健全に育ちません上下の顎の骨が正常の大きさに拡大できる様に、上顎のくぼみに舌がすっぽり入る様になるまで拡げます。舌の入るスペースを大きくして、舌が自由に動けるようにします。乳幼児の舌の筋トレ不足を補い舌の筋力をつけて行くと、常に舌が口蓋の窪みに入り込み押し上げる様になります。すると上下の奥歯が離れて食いしばらなくなり、顎や咬むための筋肉が休むことが出来ます。それが原因で引き起こされていた頭痛や肩こりが軽減されます。又、呼吸も楽になり飲み込みも楽になります。呼吸が深くなると、体に酸素が行き渡り、スポーツや勉強が出来る様になります。お子さんの将来の健康のためにも歯並びを整えることが大切です。   

成長期の歯列矯正治療でハンサムなプリンセスフェイスへ

乳歯列からという早い時期から開始する床矯正は、親御さんの当事者意識がとても重要です。適切な時期に集中して矯正を行っていくことが大切なので、子ども任せにすることなく積極的に取り組んで下さい。狭い歯列弓のまま放置して成長すると、顔が縦長で笑うと前歯の突き出た歯茎、笑うと馬の様に前歯の突き出た歯茎(ガミースマイル)と鈎鼻とおでこの出っ張りを持つ特徴的ないわゆる魔女顔や、中顔面の潰れた、目の小さい、鼻の低い、くしゃ顔になってしまいます。
一度生じた骨の歪みは早期に治さないとどんどん悪化して、そのまま成人になると取り返しがつかない事になります。
顎を拡大するとゴリラ顔になると中傷する方々がおられますが、全く根も葉もない噓です。自身の無知を晒している上に、善良な親御さんたちを間違った方向へと誘導しているです。騙されてはいけません。お子様の今現在の、ヘチマ顔ガマガエル顔を何もしないで放置してしまうと、一生その顔で過ごす事になります。これは大変な悲劇です。後で恨まれたり、親としての自責の念に駆られても取り返しがつきません。そうならない為にも治療をするのは今の成長期なのです。お子様の本来の健康的で美しい顔立ちへ成長していくためにも、治療は成長発育中の期間をおいて他にありません。
お顔も歯並びも両方とも良くしてプリンセスフェイスになりましょう。

当医院での歯列矯正治療の流れ

当医院では無料の歯列矯正治療の相談を行っています。
お子様の歯列矯正をご検討されている方はお越し頂けると幸いです。適切な治療方法をご提案致します。

ORTHODONTIC

歯列矯正の種類

床矯正装置

内面に拡大スクリューを入れた取り外し式装置です。用途によって数種類のものがあります。1つのスクリューが終わるのに2~3カ月掛かり、組み合わせながら前後左右にと、歯並びが整うまで顎を広げてゆきます。

1顎 6600円 税込

途中で歯並びを1列に並べる場合(レベリング)が起こった時は2~3カ月のショートタイムでワイヤー矯正を取り入れることがあります。

ワイヤー矯正 1顎11万円 税込

マウスピース

プラスチック製の透明なマウスピースです。透明で見た目に付けている事が分からないし、ワイヤー矯正の様に締め付けの痛みやワイヤーが唇に刺さる心配がありません。1つのステージでソフト→ミドル→ハードの3つで1セットです。それぞれ2週間でステップアップします。3~4ステージ(計12個前後)7ヶ月から10ヶ月で終了します。装着中は多少の発語障害が生じます。

1顎 前歯のみ 22万円 税込
1顎 全顎 44万円 税込

ワイヤー矯正

全顎にブラケットをセットし、金属のワイヤーを通して 針金で1つ1つ結び付けて絞り上げ、歯を動かしていく矯正治療です。ワイヤー結紮後は3~4日は痛いです。通常は犬歯の1つ後ろの歯を左右抜歯します。当医院では抜歯をしないで矯正治療出来ます。期間的には1年~1年6カ月 位です。また最初から通しで最後まで行うのではなく、他の治療の流れの中でワンポイント ショートタイム 2~3カ月だけ行うことが有効です。

1顎11万円(床矯正と併用)税込
1顎11万円(マウスピース矯正と併用)税込
1顎ワイヤー矯正のみ 44万円 税込

舌側矯正

下の歯の裏側から行うワイヤー矯正です。外から見えないので、審美的です。発語障害があります。口内炎ができやすいです。1本抜歯を行うと歯が動かしやすいです。期間は3~6ヶ月です。

下顎の前歯  22万円 税込

インプラント矯正

マイクロインプラントを顎に植えて、それを起点にして歯を動かす治療です。通常はワイヤー矯正と併用します。上下前歯同士がかみ合わず、すき間が出来ている(開咬)や前歯の前突や笑うとニュと長く伸びた歯茎(ガミースマイル)奥歯を移動させる 等の治療をします。

インプラント 1本5500円 税込
1顎 全顎ワイヤー矯正 44万円 税込

リテーナー

歯を動かし終わった後、後戻りをしない様に歯列弓を固定します。その時にマウスピースや舌の裏側にワイヤーを貼り付けたりします。動かした期間の3倍は入れて下さい。

1顎 1装置 3万3千円 税込

お口に関するお悩みやご不安などございましたら、しっかりお聞きいたしますので
何でもお気軽にご相談ください。